スマートフォン用メインイメージ

病院でも治せない低血圧による不調の改善にはプラセンタが効果的

一般的に血圧の異常で問題にされるのは高血圧症で、様々な成人病と関わりが有る事から、病院にかかると専門の薬が処方されたり、治療が進められるものですが、低血圧症の場合には、これといった治療が行われない事が多いのです。

私は、若い頃から低血圧で、上が平均80台から90台で、下が50台を切る事も有るほどで、流石に自分自身の平均を少しでも下回ると、体には様々な不調が起こります。

年齢が増すごとに血圧は上昇し易いと言いますが、私の場合には中年に突入しても、若い頃と数値的には変わりがなかったのです。

その為、酷い立ちくらみやめまい、肩こりや頭痛に悩まされる事も多く、その症状は高血圧の人が、さらに血圧が高くなった時ととても似ています。

倦怠感もひどい為に、これまで総合病院などを受診した事が有りますが、低血圧の場合には、血圧を上昇させる薬を使う訳にもいかないようで、心臓の疾病や他の病気により起こっている状態でない場合には、病院では、これといった治療を行う術がないのです。

治療を行う方法が無いと言っても不調な状況を改善させなければ、健康状況は優れないままなので、何とかして低血圧を改善したいという思いで、色々な健康食品を試してみたところ、低血圧の症状を楽にさせてくれたのが、プラセンタを主成分として作られているサプリメントでした。

プラセンタという成分の事については、化粧品等にも多く使われている為に若干知ってはいたものの、これほどまでに低血圧の症状を軽くしてくれるとは考えていませんでしたが、ある時プラセンタという成分は、毛細血管を作る事が出来るという話を聞いて興味を持ちました。

プラセンタには、血管をはじめとする細Eの弱りを修復させる力が有り、切れやすい毛細血管を新たに作る事で、心臓から遠い手足までにしっかりと血液を流れやすくしてくれるのです。

私は低血圧の上に冷え性の症状も伴っていた為、プラセンタの効力を知るほどに使ってみたくなりました。

プラセンタには、血圧調整機能が有る為に、高血圧の場合には血圧を下げ、私のような低血圧症の場合には、正常な数値まで血圧を上昇させる事が出来る優秀なものです。

低血圧症は、特に自律神経のアンバランスが原因となり症状を重くするものでもあります。

自分の体の不調を考え直してみると、低血圧の症状が酷くなるのは、仕事等が忙しい時期や、人間関係に支障をきたしている時に多い事に気がつきました。

その点でも、この成分には、自律神経のバランスやホルモン分泌バランスを整えてくれる効果も高いので、まずは手ごろに生活に取り入れやすいサプリメントで摂取してみる事にしました。

サプリメントを服用して一番初めに確認出来た効果が、朝の時間です。

摂取する以前は、目は覚めるものの、なかなか動き出す事が出来なく平均30分ほどはだらだらと過ごす事が普通でしたが、飲み始めて1カ月ほど経過した頃から、朝起きた瞬間から動く事が出来るようになったのです。

以前だと、仕事へ行く支度をするだけで2時間近くを費やして居たのですが、動く事が辛くなくなり、目覚めてすぐに頭もすっきりとしている為に、今では約半分の時間で出かける事が出来るのです。

時間を短縮できる分、睡眠時間を長く取る事も出来るようになりました。

低血圧による不調には、プラセンタが効果的に働いてくれるという事を実感しています。


WHITE'stプラセンタエキス原液

文字サイズ
大 中 小
Copyright© 2010 placenta life All Rights Reserved.