スマートフォン用メインイメージ

プラセンタの摂取と効果

プラセンタという言葉は、アンチエイジングという面で一般的にも大分浸透してきていると思います。

このプラセンタの歴史は古く、楊貴妃やクレオパトラ、マリーアントワネットも美容のために飲んでいたと言われます。

この時代に、確たる根拠はなかったかもしれませんが、この効果をみつけ摂取していたこと自体に驚きを感じます。

成分自体は、哺乳類動物の胎児の成長に必要な胎盤が元となっており、身体の大きな栄養素ともいわれるたんぱく質、脂質、糖質のほか、ミネラル、ビタミン加えた5大栄養素に、各種アミノ酸、活性ペプチド、核酸、酵素等の非常に多くの栄養素を含みます。

胎盤は、赤ちゃんが受精卵から細胞分裂を適切にかつ高速に行いまた成長をコントロールする成分を含んでいます。

この成分を、抽出したものをプラセンタと呼ぶのです。

プラセンタに含まれる成長因子は、細胞分裂を促し抹消の毛細血管まで作り出す働きがあります。

また、癌化した細胞は増殖させないという研究結果もあるようです。

このように、細胞の生成に係る働きと、それに伴って血流や情報伝達物質、ホルモンバランスの改善等のトータル的な効果によって様々な効果がみらるのです。

効果の代表的なところで行くと、まずは美肌・美白などの肌のトラブルの改善であったり、更年期障害や生理不順、自律神経失調症、アトピー性皮膚炎などの改善にも効果がみられます。

アトピー性皮膚炎などは、皮膚科によっては治療薬として取り扱っているいるところもあります。

また、効果の幅も広く、疲れが取れやすくなったり、滋養強壮、体質改善、免疫力の向上、育毛効果なども挙げられます。

私も36歳になるのですが、アンチエイジング対策で、1年半前からプラセンタカプセルを摂取しています。

豚の胎盤から作られたプラセンタです。

上記で書いたように、一日二日で細胞分裂に働き、効果が目に見えて現れるものではないので、長期にわたってしっかりと成分を摂取していけるものが良いと思い、探し始めたのがきっかけでした。

飲み始めて丁度半年くらいで真夏の季節に入ってのですが、通年、外回りの仕事上、夏はどうやっても日焼けして肌が黒くなっていたのですが、この年は不思議と日焼けしにくく、同僚にも「何で焼けないの。

仕事してるの」と言われるくらいでしたので、美白効果は本当に絶大だったと思います。

この一年を振り返って身体の変化を考えると、肌艶が良くなり全体的に日焼けを起こしていたところが治り色白になった感じがします。

また、昔から苦痛だった生理に伴う身体の不調が、バランスが取れだしたことと(これは、婦人科の先生と相談しながらですが)、疲れが取れやすくなったという効果が実感できます。

摂取するタイミングはいつでも良いのですが、過剰な糖分等と一緒に取るときちんと作用できなかったりとするので、お勧めなのは夜寝る前が良いかと思います。

また、ビタミン?を一緒に摂取することによって、プラセンタのコラーゲン生成を助ける効果が得られます。

ビタミン?は身体の様々なところで使われているのですが、アルコールを肝臓で分解する際に使われたり、また、タバコを吸うことでも失われてしまったりとする為、日常の食事プラス、サプリメントなどでビタミン?をセットで補うこともお勧めします。


WHITE'stプラセンタエキス原液

文字サイズ
大 中 小
Copyright© 2010 placenta life All Rights Reserved.