スマートフォン用メインイメージ

サプリと化粧品の両方同時使用

21歳で出産を経験し、すぐに乳幼児を抱えてシングルマザーになってしまった私の場合には、とにもかくにも仕事をこなし生活費を作る毎日が待っていました。

子供が小さなうちは、自分の若さも有りましたし、忙しさに追われる毎日で有った為に体の不調をそれほど感じる事もなく過ごしていましたが、子供が高校を卒業し専門学校に通う為に初めて手元から離れた頃に、それまでにないほどの不調に見舞われるようになりました。

当時まだ40歳を目前とする年齢でしたが、長い間の緊張感やシングルマザーで社会に戻り働く上でのストレスが、自分でも気がつかないうちに蓄積していたのかもしれません。

手足の冷えや、立ちくらみに始まり、耳に周りの音や自分自身が話している声までもがとても響くようになってしまったり、有る時はパソコンの前に座っていたら急に電源が落ちたように目の前が真っ暗になってしまった事も有りました。

その都度、何か大きな病気にでもかかっているのではないかと不安になり検査を受けてもさほどの異常は認められませんでした。

病気ではないとしても体調不良が現実に起こっているのは間違いありませんので、何とか改善したいと思い様々な健康食品について調べて、気になるものは実際に試してみました所、私の身に起こっている症状は自律神経に関係が深いという事に行きついたのです。

勿論当時も今に至っても閉経を迎えてはいないのですが、次々に違う症状の不調が起こるのは、まるで更年期障害のようでもありました。

そこで試してみようと考えたのが、婦人科の治療薬としても使われているプラセンタと言う成分です。

プラセンタと言う成分は、哺乳類の胎盤に存在しているもので、私たちの生命体を作り上げるだけの栄養や機能を備えている優秀性の高いもので、とても広範囲に及ぶ効果効能を持ち合わせてもいます。

その為、健康食品や化粧品などにも使われており、婦人科をはじめとする医学界でも薬として採用されているものです。

減少しがちな女性ホルモンの分泌を調整したり、自律神経を整える効果に優れている事の他、弱った細胞や体内組織の修復を行えるのには驚くばかりですし、髪の毛よりもかなり細いと言われる切れやすい毛細血管を、新たに強い血管として作る働きが有る事も分かりました。

私は、体調不良が起こり始めた頃からシミが増えた事や頬の当たりの毛細血管が目立つようになった事も共に悩んでいたので、プラセンタが持つ毛細血管を強化する働きや、シミを薄くさせる美白の働きにも強い関心が有りました。

その為、健康食品としてプラセンタを摂取するほか、プラセンタ配合の化粧品も兼ねて使用してみる事にしたところ、一番初めに変化を感じる事が出来たのが肌色の変化でした。

使用するまでまでは、くすみがちで肌に色ムラが発生していたのですが、プラセンタを取り入れるようになってからは肌の色ムラを感じる事が無くなり、シミが出来ていた部分もシミの輪郭が薄くなり次第に中央部分の色が淡くなり始めたのです。

勿論体調にも変化が起こり始め、耳や目に起こっていた問題が次第に忘れて居られるくらいまでに改善されましたし、めまいも起こりにくくなってもいます。

はっきりした効果を実感出来るようになるまでには、ひと月くらいの時間を必要としましたが、試してみて本当に良かったと思っています。

特に体の内側から改善できるサプリと肌直接に働き掛ける化粧品の両方の使用が成功のポイントで有ったと思います。


WHITE'stプラセンタエキス原液

文字サイズ
大 中 小
Copyright© 2010 placenta life All Rights Reserved.