スマートフォン用メインイメージ

偽物のプラセンタに要注意

一般的にプラセンタと言えば、哺乳類の胎盤から抽出されたもので、動物由来のもののことを言いますが、
魚や植物から抽出されたものもプラセンタと表記されている場合がります。
魚や植物にはもちろん胎盤はないので正確にはプラセンタでないのです。
動物性プラセンタの仲間だと誤解してしまいそうですが、動物性と同じ効果は得られません。

動物性プラセンタが優れた効果を発揮することができる最大の理由として、哺乳類特有の成長因子が挙げられます。
成長因子は、臓器や肌などの細胞の新陳代謝を促進させたり、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促したりする効果を持っています。
植物性や海洋性のプラセンタには成長因子を含んでいないので、動物性プラセンタと同様の上記のような効果を得ることはできません。
また、植物性のプラセンタのセールスポイントとして「植物由来だから安全」とアピールしていますが、
動物性プラセンタも安全性は抜群で副作用の報告はされていません。

植物性プラセンタは植物から抽出された栄養素を含んだサプリメントです。
動物のような胎盤は植物にはもちろんないわけですが、その代わり同じような成分胎座と呼ばれるものがあります。
しかも、これも英語でplacentaと訳されます。
ですから、名前から考えるとプラセンタと呼んでも間違いではありません。
しかし、やはり決定的に違うのは効果の高さです。
胎座は植物の胚珠が心皮につく部分のことであり、アミノ酸を多く含んでいます。
しかし、成長因子を含んでいないので、動物性プラセンタと同じような効果を得ることはできません。

海洋性プラセンタは、別名をマリンプラセンタと言い、魚の卵巣膜から抽出されています。
アミノ酸を多く含んでいますが、哺乳類特有の成分の成長因子を含んでいません。

よく「プラセンタ並みの効果がある」というような宣伝文句で植物性や海洋性のプラセンタを売っていたりしますが、動物性プラセンタと同様の効果は得られません。
プラセンタというよりもアミノ酸を豊富に含むサプリメントと言った方が正しいでしょう。

騙されないように気を付けてくださいね。


Copyright© 2010 placenta life All Rights Reserved.