スマートフォン用メインイメージ

プラセンタの原料について

プラセンタはいろんな種類があります。
それは使用されている胎盤によって種類分けをすることができます。
市販でよく売られているような化粧品やサプリメントには、豚の胎盤から抽出されたプラセンタが使われることが多いようです。
その他にも馬や羊、鶏などの胎盤から抽出されているプラセンタを使用した商品もあります。
以前は牛の胎盤から抽出したプラセンタもありましたが、狂牛病の問題から今は使用を禁止されています。
近年は、アミノ酸が豊富に含まれているということから馬を原料とするプラセンタが脚光を浴びていますが、いちがいにどれが一番いいかは明言することはできません。
なぜかというと、その動物が育てられた環境も重要なポイントになるからです。
大事に育てられた動物の胎盤であればあるほど、有効成分の濃度が濃くなります。
きちんとした品質管理されて育てられた原料の例を挙げてみると、SPF豚、デンマーク産の豚、サラブレッド、医用動物などがあります。
サラブレッドについては、牧場によって育て方が違ってくるので断言できませんが、基本的にはいい環境であることが多いようです。

また、植物性のプラセンタもあります。
出産しない植物からプラセンタエキスが抽出できるなんて不思議ですよね。
では、いったいどこから植物性プラセンタのエキスが抽出されるのでしょうか?
それは植物の胚が、動物で言うと胎盤の部分になっているのです。
植物の胚は、発芽する力と芽を育てていく力に必要な栄養素が豊富に蓄えられています。
お母さんのお腹の中で、臓器の代わりをして赤ちゃんを育てていく胎盤と植物の胚はとってもよく似ています。
植物性のプラセンタは美容液やサプリメントに多く使用されているようです。
肌を美しくできるイオン導入にも使うことができます。

プラセンタの製品を選ぶときには原料の種類と品質が決め手になります。
プラセンタが含まれているからと言って、どれもいい品質のものとは限りません。
原料の種類と品質を確認した上でプラセンタ商品を購入するのが望ましいでしょう。


WHITE'stプラセンタエキス原液

文字サイズ
大 中 小
Copyright© 2010 placenta life All Rights Reserved.