スマートフォン用メインイメージ

プラセンタの副作用について

プラセンタは胎盤から抽出されている成分です。
そのため、プラセンタの安全性について疑問を持たれてしまうことがよくあります。
が、プラセンタの医薬品は全て厚生労働省の許可を受けた、安全なヒト胎盤エキスを使用しています。
健康食品や化粧品では、ヒトの胎盤が使用できないので豚や馬、羊の胎盤を使用しました。
プラセンタには胎児の発育・成長のために必要な、豊富な栄養素に加えて、細胞分裂を促す数多くの生理活性物質が含まれています。
ヒトの胎盤エキスをさまざまな患者の治療に応用することをプラセンタ治療といいます。
プラセンタ治療はヒト由来のプラセンタのみで行われます。
プラセンタ治療は昭和30年からたくさんの方に行われていますが、副作用は注射した部位が赤くなったり固くなったりする程度で、大きな副作用は報告されていません。

プラセンタエキスは、製薬会社によって厚生労働省が定める以上の熱処理が行われ、ウイルスを完全に取り除いています。
また、肝炎やエイズなど細菌感染やウイルス感染の可能性がある胎盤はけっして使用しません。
プラセンタによる若返り、美容効果が注目されていますが、その他にも滋養強壮効果、免疫力強化、精神安定を促す効果や
抗アレルギー作用などの効果もあると言われています。

プラセンタは基本的には大きな副作用はありません。
その安全性の高さから医薬品として多くの医療期間で使用され、健康食品や化粧品にも活用されています。

日本では肝機能の改善、体質改善、更年期障害の治療、疲労回復などのために50年も前からプラセンタが導入されています。

プラセンタの製造は品質管理をする際に完全防備の感染症対策がとられているので、安心して利用することができます。
ただし、軽い副作用として、人によっては注射した部分にかゆみが出たり、腕が重く感じるほどのことは有りうるようです。
しかし、このような症状は半日ほどでおさまるようなので、そこまで大きな副作用の危険性はなさそうです。

プラセンタの副作用が心配な方は、医師と相談したり様子を見ながらプラセンタを摂取していくと良いでしょう。


WHITE'stプラセンタエキス原液

文字サイズ
大 中 小
Copyright© 2010 placenta life All Rights Reserved.