スマートフォン用メインイメージ

風邪対策にプラセンタ

風邪対策にはプラセンタを飲むといいとよく聞きますよね。
インフルエンザ対策にもなるとも言います。
なぜでしょうか?

プラセンタには単なる栄養素だけでなく、適切に細胞の分裂をコントロールしてくれる成分が含まれています。
これを「成長因子」と言います。
成長因子や栄養素を含んでいるプラセンタを体内に摂取することによって新陳代謝が盛んになり、どんどん古い細胞が新しく元気な細胞に入れ替わっていきます。
それに伴って全身の細胞が活性化します。

現代病の9割は活性酸素が原因となっています。
プラセンタの代表的な特徴が、活性酸素除去作用と肝細胞増殖因子なので、現代病にとても効果があるということが分かっています。
また、肝細胞増殖因子は肝臓だけでなく、ほとんどの臓器の細胞が壊死するのを防いで、さらに修復・再生させると言われています。
そして、免疫作用と内分泌作用、自律神経調整作用をあわせ持ち、免疫系と内分泌系、神経系を相互作用させることによって、体の異常や変化に対しそれを正常にしようとする恒常性維持の機能を持っています。
この他に、造血作用、血行増進作用、基礎代謝向上作用などの機能もあり、より一層自然治癒力を向上させる働きもあります。

それから、プラセンタにはさまざまな美容に役立つ作用が含まれていますが、医療にも役立つ作用があります。
肝機能改善に有効だと先ほど述べましたが、プラセンタは肝機能障害の改善薬として厚生労働省に認可されています。
肝臓の解毒作用、抗酸化作用の機能が弱っているときにプラセンタが改善薬となるので、抗酸化作用の機能が元通りになります。
すると、疲労回復にも効果を発揮するので疲れにくい体へと改善してくれます。
つまり、健康体へと導いてくれるのです。

美容のためだけではなく病気にかからない体へと改善するために、プラセンタを日頃から摂取することが大事です。

風邪をひきやすい、疲れが取れにくいとお悩みの方はプラセンタを飲んでみると良いでしょう。
続けて飲んでいけば体に変化が起こり、風邪をひきにくい健康体へと変わっていくはずです。


WHITE'stプラセンタエキス原液

文字サイズ
大 中 小
Copyright© 2010 placenta life All Rights Reserved.