スマートフォン用メインイメージ

活性化酸素を抑制してくれるプラセンタ

プラセンタはいろいろな症状に効果を発揮しますが、肝臓の治療薬として厚生労働省が承認している医薬品でもあります。

肝臓は有害物質を解毒するという働きがあります。
肝臓は活性化酸素を作り出して有害物質を無毒化しています。

活性化酸素は人体に悪影響を与える物質です。
体内に入った酸素がエネルギーを作り出すときに、何らかのものと結び付くことが必要となってきますが、この時の酸素の状態は非常に酸化力が強くなっています。
酸化力が強くなったこの酸素を活性化酸素と呼び、健康な細胞をこの活性化酸素を傷つけて多くの病気の原因となります。

余分な活性化酸素を除去する酵素を肝臓が持っているのですが、その酵素の分泌力が加齢とともに低下していきます。
除去しきれずに残ってしまった活性化酸素が、肝臓を攻撃することによって肝障害が起こってくるのです。

プラセンタには活性化酸素を増やさないように抑える効果と活性化酸素をとりのぞいてくれる抗酸化作用があります。
必要以上に作り出された活性酸素を撃退し、あらゆる病気になるかもしれない危険性から守ってくれているのです。

プラセンタの作用が非常によく肝臓に働きかけることで肝臓の状態を改善していると考えられています。
さまざまな肝臓の病状の中でも、プラセンタは肝硬変に効果があるということが確認されています。

プラセンタには抗酸化作用があり、体内にたまった活性化酸素を除去して、さらに抑制する働きをしてくれます。
活性化酸素を除去することで老化をはじめ、さまざまな病気が予防できるのです。
活性化酸素は日常生活を送っているだけでも体内に発生しているものでもあるので防ぎようがありません。
活性化酸素をほっておくと、生活習慣病・動脈硬化・ガンなどの病気の原因になるだけでなく、肌へのトラブルが頻発してしまうなどの症状が現れます。
プラセンタの抗酸化作用の力によってこれらの症状を改善、予防するだけでなく、体の内側から健康な体へと変わっていきます。

抗酸化作用の力で老化防止、若返りを体感したいならプラセンタを飲んでみるべきでしょう。


WHITE'stプラセンタエキス原液

文字サイズ
大 中 小
Copyright© 2010 placenta life All Rights Reserved.