スマートフォン用メインイメージ

プラセンタエキスについて

胎盤は出産後に後産され体外に出されます。
その胎盤から体に有効な成分を抽出されたものが「プラセンタエキス」です。
このプラセンタの成分を使って治療薬が作られ医療現場で使われたり、
プラセンタエキスが配合された化粧品や健康食品なども多数作られ人々に愛用されています。

プラセンタエキスには、アミノ酸・ペプチド・コラーゲン・ミネラル・ヒアルロン酸・コンドロイチン硫酸など、さまざまな成分が含まれています。
プラセンタエキスはプラセンタの原液であり、液体状になっています。
約85%が水分となっており、たくさんの不純物とともにエキスに含まれています。
水分と不純物をプラセンタエキスから取り除き、濃縮させて粉末にしたプラセンタ原末も作られています。
プラセンタエキスと比べてプラセンタ原末は量が少なく感じますが、原液から不純物と水分を取り除いているので、
少量のプラセンタ原末でも量の多いプラセンタエキスと有効成分の量は同じということがあります。

プラセンタエキスの抽出方法は何通りかあり、メーカーによって原料もやり方も変わってきます。
プラセンタの品質を決定付ける重要な工程なので、各メーカーとも力を入れているところです。
■酵素分解法、凍結酵素抽出法
体内で働く酵素は数千種類もあり、特定の物質のみ種類に応じて分解するという特性を利用して、有効成分のみを効率よく抽出できる方法です。
費用が掛かる方法ですが、プラセンタの効果が失われにくい優れた抽出方法です。
■加水分解法
酸で胎盤の細胞膜を分解して有効成分を抽出する方法です。
しかし、塩酸など強い酸が使用されるためプラセンタの有効成分までも破壊されてしまいます。
■凍結融解法
急速に凍結させた胎盤を解凍させて戻すのですがその際に細胞膜が破壊されることを利用して抽出する方法です。
有効性が失われやすいので、優れた抽出方法とは言えません。
■分子分画法
胎盤から有効成分のみを特殊なフィルターを使って抽出する方法です。
成分を壊すことなく高濃度で抽出できるという便利な方法です。

プラセンタを選ぶ際にはその抽出方法もチェックしてみると良いでしょう。


WHITE'stプラセンタエキス原液

文字サイズ
大 中 小
Copyright© 2010 placenta life All Rights Reserved.